大掃除を前倒しに!年末をのんびり過ごすためのコツ

>

年末年始をゆっくり過ごせるとしたら…

この記事をシェアする

大掃除を夏にやっておくことのメリット

大掃除を年に2回(夏と冬)やることは、掃除の分散に繋がることが、最も大きな利点と言えますが、夏と冬を比較すると夏の方が断然向いている掃除箇所や掃除法があります。
年末の大掃除となると、気候的にも寒く特に水回りや洗い物などは抵抗があって、お湯を使ったとしても乾燥させるのにも時間が掛かります。
その点夏は何と言っても水を使うことに対して抵抗がなく、乾きも早いため、洗濯をはじめ、水回りの掃除がやりやすい点でもあります。
台所やトイレ、洗面所、お風呂、窓拭きや網戸洗いなどもやりやすい箇所となります。
台所は、家族の命を守る場所、そして、健康を保持すると言われている台所、トイレ、浴室は、大掃除本来の意でもあるため、夏や気候の暖かいうちにスケジュールし優先的に取り組みましょう。
12月の時点で水回りの大掃除が終っているとその他の大掃除がとてもラクになるでしょう。

毎日のルーティン化が自分を助けてくれる

12月に入り、年越しもすぐそこまで迫ってきています。
もう12月になってしまったから、大掃除は年末にまとめてやるしかない!と腹を括ろうとしている方も多いと思いますが、年末年始を掃除などに追われず、ゆっくり過ごすためには、今から動くことで、その希望はまだ叶えられます。
年末年始のお休みは毎日の慌ただしい日常からせっかく解放される期間なので、その連休を家事に使ってしまうのは勿体ないと思いませんか?
せっかくなので、今からでも間に合う、年末年始をのんびり過ごすためのコツを紹介します。
それは、これを読んだ日から、毎日「少しだけ掃除」を始めてみて下さい。
朝起きて、寝室からトイレまでモップ掛けをしトイレを出る前にシートで便座周り拭きをしましょう。
これをするだけでも廊下や階段の汚れが溜まらないだけでなく、トイレも大掃除しなくていいレベルになるので、日々のルーティンは未来の自分を必ず助けてくれます。


トップへ