大掃除を前倒しに!年末をのんびり過ごすためのコツ

>

年末年始は大掃除以外にもやることが山積み

この記事をシェアする

クリスマス会や忘年会などの予定が多い

年末年始にかけて、忙しくなるのは仕事や家事だけではありません。
12月に入るとここぞとばかりに「忘年会」と称したイベントが、瑞所で企画され、平日のみならず、休日までも何かの集まりに参加することも多くなるでしょう。
また、子どものいる家庭では特に「クリスマス」も大きなイベントの1つです。
飾り付けはもちろんのこと、プレゼントの準備、お友達とクリスマス会をやる予定がある場合は、その時のお菓子やプレゼント、企画なども必要になります。
忘年会もクリスマス会も、職場や友人など仲間と過ごす時間は、貴重で楽しいことに変わりありませんが、予定が多く入るほど、家のことが疎かになりがちで、なかなか時間が取れずに、年末を迎えてしまうという結末になりかねません。
特に、クリスマスまで来てしまうと、もう年越しは目の前です。
そうならないためには、10、11月の動きが肝心なので、前倒しで家事を進めていきましょう。

年賀状やお歳暮、お年賀やおせち準備

クリスマスが過ぎると、一気にお正月ムードに一転します。
玄関に飾っていたリースも、しめ縄に変えたり、仏壇や床の間には、鏡餅を備えたり、舞台の総入れ替えのように慌ただしくなります。
それに加えて、年末年始のおせちやお雑煮の準備をするため正月用品の買い出しや、正月の挨拶回りで渡すお年賀やお年玉などの準備もしなくてはいけません。
おせち料理やお雑煮は、お正月に食べる特別な料理のため、賞味期限も確認しつつ、品薄になる前に材料をしっかりと購入しておく必要があるでしょう。
またお世話になった方に送るお歳暮や年賀状は12月に入ったらすぐに準備しましょう。
12月は、後半が多忙になりますので、上旬にできることは済ませておくことが、後半を上手く乗り切るコツになります。
日常やっている時短料理法のように、空いた時間に材料を切っておく、出汁をとっておくなども、後々やっておいてよかったことに繋がります。


トップへ