大掃除を前倒しに!年末をのんびり過ごすためのコツ

>

日本特有の年末年始の習わし

この記事をシェアする

年末に大掃除をしなくてよくなる方法

本来の大掃除は、煤払いからきており、部屋をきれいにして神様をお迎えすることが由来となっています。
しかし、今では煤払いという言葉も一般的なものではなく、神社やお寺で使われるものとして認識されており、大掃除の本当の意味を知らない人も多いでしょう。
大掃除は、ただ大がかりに行う掃除と思っている人もいますが、そうではありません。
一年の汚れをきれいにして、年神様をお迎えする準備をし、新たな気持ちで新年を迎えるための「行事」なのです。
その行事をしっかりと遂行するためには、やはり大掃除の分散とスケジューリングが重要です。
年末年始の数日間、全て掃除に当てるのも大変ですし、年末年始には大掃除以外にもやることがたくさんあるため、本来の意でもあるリビングや神棚などを優先的に、できれば年末前にやりましょう。
掃除箇所と規模、優先順位を考えて、秋頃から長期で大掃除するイメージにすると、年末は想像以上に余裕が生まれます。

カギとなるのは夏に済ませること

大掃除は、何も年末にやらなきゃいけないことではありません。
むしろ、毎日掃除をしてきれいにしている人にとっては、年末の大掃除すら必要なくなり、特別なことでもなくなります。
しかし、そうはいっても、毎日しっかりと掃除ができる人は限られ、時間的に余裕があったとしても、どうしても「面倒」という気持ちが勝ってしまうため、なかなか掃除と向き合うことが出来ない人が多いでしょう。
日常がそういう人こそ、汚れが溜まりやすくなるため、やはり大掃除が大変になります。
汚れが溜まれば溜まるほど、落としにくくなるのは当然ですので、汚れを溜めない、落ちやすい時に落としておくことがカギとなります。
半年に1度、掃除の機会をつくり、夏場は、気候的に暖かいことと、乾きやすいことから、水を使う場所の掃除をしておくことがオススメです。


トップへ